しろくま院長のつぶやき第37話

2010年10月7日 リリース


「うつ病の方へ おくる言葉 3(サン)J(ジェー) 」 (3つのJ

みなさん、こんばんは。

みなさんの疲れた心をもみほぐすしろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

今回の放送が最終回です。次がありません。
いかりや長介さんが「次、行ってみよう」と言っても次がありません。

今年の1月3日に、今話題の福山雅治さん主演の、竜馬伝がはじまりました。
2週間後の1月17日に、しろくま院長の番組がスタートしました。
確か、福山雅治さんの芸能界デビューと、しろくま院長の医療界デビューが一緒です。
ルックスは随分ちがいますが、何か親近感がわきます。

私の中での福山雅治さんのイメージは、ドラマ「1つ屋根の下」の研修医、「チィ兄ちゃん」です。
しろくま院長も医師になっていたので、今でも福山さんを見ると思わず「あ〜んちゃん」と言いたくなります。

この番組がはじまった当初は、かなりの緊張と不安で一杯でした。
所詮素人の私が、自分でネタを考え、話題を提供し、しかも自分でお話をするというのが務まるかどうか心配でした。いかりや長介さんがいたら、「ダメダ コレヤ」と言われそうな気がしたほどです。

番組が何回か放送されるうちに、患者さんから「毎週楽しみにしています〜」、「番組をきくとクスッと笑ってしまいますが、なぜかよく寝れます」とか、見知らぬ人から、「ラジオ頑張ってくださいね」と声をかけられたりしました。
私にとってはそんな一言がすごく励みになり、“所詮素人”もう少し楽しもうという気持ちにかわり、楽になった自分もいました。

この番組で知り合った縁もあります。大事にしていこうと思います。
 
この番組終了のお疲れ様会で、先日岐阜県の柳ケ瀬に初めて夜、足を踏み入れました。カラオケで岐阜出身の野口五郎さんの私鉄沿線をリクエストされ、「改札口で君のこと」と唄ったところ、見知らぬ他のお客さんに拍手をいただき、岐阜で野口五郎さんの唄を歌うことにやみつきになりそうでした。
番組終了で少しうつ気分であったしろくま院長も、少し元気をいただきました。
 
ではそろそろしろくま院長のつぶやきの時間です。

今日のつぶやきは

「うつ病の方へ おくる言葉 3(サン)J(ジェー) 」 (3つのJ)

うつ病などで、これ以上頑張れない方に考えていただきたい3つのJがあります。

1つめのJは、従業ストップです。
  無理をしないで、一旦仕事を休みましょう
  私が休んだら、同僚の負担が増える、
  会社に迷惑がかかるから、休めないと考えないで。
  もう自分の力が発揮できなくなっています
  職場と相談して休みましょう

2つめのJは 充電です。
  少なくなったエネルギーをしっかりためましょう。

3つめのJは、準備です。
  ここは忘れがちのポイントです。
  充電して休んでるから、調子が良いだけの可能性もあります。
  きちんと仕事に戻れるための準備をしてほしいです。
  何が問題だったのか、ふり返り、同じくり返しをしないことが必要です。
  出勤シュミレーションをし、体力、生活のリズムを戻すのも大事です。

今発表した3(サン)J(ジェー)は常々、私が患者さんにお伝えしている合い言葉です。

この3つが揃うと美しいです。「ビューティフル サンジェー」です。
ダニエルブーンが昔歌っていましたね。あっ、それは「ビューティフル サンデー」です。

私もこの放送でみなさんの気持ちが少しでもほぐれ、月曜日から生活しやすくなる日曜日、
ビューティフルサンデーになればと思い、つぶやいてきました。

残念ながら、この番組も本日で終了となります。オフコースの唄「さよなら」です。
因幡晃さんの唄「別涙」です。
折角はじめたメンタルトーク、つぶやきですから、何らかの形で残し、続けたいと考えています。
 
このつぶやきを収録したCDを、10月より順次、中村メンタルクリニックの関連施設「こもれび」やインターネットで販売していきたいと思います。形をかえて、このつぶやきを続けていきます。

今日迄、しろくま院長のつぶやきにおつきあいいただき、ありがとうございました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也でした。

グッドナイト、グッドラック!

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック