しろくま院長のつぶやき第45話

2011年2月25日 リリース

「朝の重要性を考えて〜」

みなさんご機嫌いかがでしたか。
みなさんの疲れた心をもみほぐすしろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

年末年始は山陰地方で大雪でしたが、1月中旬には東海地方でも大雪でしたね。
一宮でも積雪が25cm近くあり大変でした。
しろくま院長の車は4輪駆動でスタッドレスタイヤをはいているので問題ありませんが、
至る所でスリップによる事故を目撃しました。
道路脇の田んぼに突っ込んでいる車、ガードレールにぶつかっている車、
中央分離帯に乗り上げている車、いろいろです。

なんと、その日は1日で5件の事故を見てしまいました。
48年生きてきた中で最大の数です。TETSUYA 48でMAXです。
一緒にはなりたくないものです。そういえば、MAXの唄に“一緒に”という唄がありましたね。

大雪の降った翌日は、ハードな運動が待っています。
道路に積もった雪をどかさなければいけません。そうです、耳かき いや、雪かきです。
しろくま院長も早起きしていつもより1時間半早く出勤です。

クリニックの前の道路、駐車場の雪かきをします。
最初は楽しくスタッフと話をしながらしていますが、徐々に口数は減っていきます。
診療前の運動にしてはハードすぎます。こんな日は患者さんもゆっくり診察にきてほしいです。
雪かきの後は両腕が筋肉痛です。

一応断っておきますが、何日かあとに筋肉痛が出たわけではありません。
当日と、翌日だけです。さりげなく若さをアピールしておきます。

一宮では朝1回雪かきをすれば大丈夫ですが、豪雪地帯では、雪かきを朝どころか何度しても
追いつかない状態です。転落の危険を感じながら家が雪の重みで押しつぶれないように、
屋根に昇り、雪を朝から何度もおろします。
その雪をトラックや、ダンプで運び捨てにいきます。愛知県では考えられませんね。
そんな豪雪地帯は過疎地域で若い人がいないのも問題です。
急にあったかくなると、雪崩も心配ですね。

では、そろそろしろくま院長のつぶやきの時間です。

今日のつぶやきは

「朝の重要性を考えて〜」

雪かきも朝しますね。みなさん、ちゃんと朝起きていますか?
休みが続いて朝起きれず昼迄寝ていませんか? 朝の太陽をちゃんとみていますか?

朝食をちゃんと食べていますか? 今から仕事勉強するのに空腹では頭が働きません。
愛知県一宮市には一宮モーニングという喫茶文化があります。
飲み物に無料でトースト、タマゴ、サラダ、などがついてきます。
競争が激しいので、喫茶店それぞれ志向をこらします。
午前中だけではなく、一日中モーニングをするお店、
茶碗蒸しや、おにぎりをセットにするお店、ほとんど儲けを度外視です。
こんな良い喫茶文化が一宮にはあります。
朝食をしっかりとりたい人は一宮にお引越しをお勧めします。
それは言い過ぎかもしれませんが、それほどしろくま院長は、
朝食をちゃんと食べてほしいのです。

朝のあいさつをちゃんとしていますか?
朝のあいさつを気持ち良くしたり、されたりすると、1日なんかスッキリします。
朝刊ちゃんと読んでいますか?その日の話題をおさえておきたいですね。
知識、コミュニケーションのツールとなります。
社会人として役立つことが多いです。

朝を大切にしてください。岸田智史さんの名曲を大切にしてください。
『きみの朝』を大切にしてください。

あと、アサーションも大事です。
アサーションとは、しろくま院長が診察時によく使う英語です。
朝髪の毛を洗うことです。
院長、それは朝シャンです。今お話しているのは、アサーションです。
あ、そうだ。アサーションとは、
お互いを大切にしながら、それでも率直に素直にコミュニケーションをとることです。
では、もう一度つぶやきます。

「朝の重要性を考えて〜」

本日のつぶやきはいかがでしたか? また次回もしろくま院長はつぶやきます。
本日もしろくま院長のつぶやきにお付き合いいただきありがとうございました。

グッドバイ! グッドラック!


しろくま院長のつぶやき第44話

2011年2月10日 リリース


「大爆発を防ぐ小爆発」


みなさんご機嫌いかがでしたか。
みなさんの疲れた心をもみほぐすしろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

鹿児島県と宮崎県の県境にある霧島連山の新燃岳が52年ぶりに大噴火しました。
新燃岳と言えば、1967年に公開された映画ジェームスボンド主演の ”007は二度死ぬ”で
敵のミサイル基地の撮影場所にもなりました。
この映画は浜美枝さんが日本人初のボンドガールを務め今は亡くなりましたが、
キーハンター、Gメン75で有名な丹波哲郎さんも出演をしていました。

若い人はGメン75の丹波哲郎さんよりバラエティー番組に出て霊界や、
死んだあとの世界について語っている芸能人として有名だったかもしれません。
しろくま院長も昔は丹波哲郎さんの物真似をしていました。
”死後の世界はあるんです。あるんだからしょうがない。”

話を戻して、新燃岳の噴火は何回も爆発的噴火を繰り返しています。
火口から3000mの高さに噴煙が達したり、噴石が1Km先の所迄飛んだりしています。
風に数千万トンの火山灰が流され、道路は火山灰だらけで,多い所では数十cmも積もっています。

車が巻き上げる灰で、視界不良になります。
数メートル前も見えなくなり、運転もハンドルをとられ危険です。

歩行者はマスクとゴーグルが必需品となります。
その2つをしていないと眼とノドをやられてしまいます。
 
また口蹄疫や鳥インフルエンザ防止のためにまかれた消毒用の石炭が
酸性の火山灰のために中和され、無意味になる可能性もあります。
そして爆発的噴火もいつまで続くのか予測しづらい状況です。

では、そろそろしろくま院長のつぶやきの時間です。
今日のつぶやきは

「大爆発を防ぐ小爆発」
 
火山の噴火、爆発は人間の力では防ぐことはできませんが、
自分の感情の爆発はコントロールできそうです。

ストレスをためこんで、ためこんで、
我慢しすぎて限界まできて、大爆発をしていませんか?

そこまで我慢しなくても、途中で小爆発をしてみるのをおすすめします。
ストレスを小出しにし、爆発して大爆発を防ぐ方が、
本人にも 周りにも ダメージは少ないものです。

爆発は大きいより、小さい方がよさそうです。
「バスガス爆発より バスガス小爆発」の方が言いやすそうです。
これは完全にこじつけでした。
シャ乱Qの唄でした。”いいわけ”です。危うく”ズルい女”になりそうでしたわ〜

あ、すいません。しろくま院長は男でした。恥ずかしい限りです。
もう寝込んでしまいたい気分です。
”シングルベット”で。

ではもう一度つぶやきます。

「大爆発を防ぐ小爆発」

本日のつぶやきはいかがでしたか?
今日はつんくさんの唄を3曲も入れてしまいました。
また次回もしろくま院長はつぶやきます。

本日もしろくま院長のつぶやきにお付き合いいただき

”Bye−Bye ありがとう さようなら〜 

グッバイ! グッドラック!”

しろくま院長のつぶやき第43話

2011年1月27日 リリース


「七転び八起き。でも七回も転ばないようにしないと」


みなさんご機嫌いかがでしたか?
みなさんの疲れた心をもみほぐすしろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

先日のお休みに雪と冬の海を見るため、福井県 石川県の加賀地方迄車を走らせました。

福井県にある越前海岸の辺りの305号線は最高です。


寒々しいどんよりとした空と荒々しい日本海を楽しめます。
冬の日本海は、力強さの中にも、悲しみや、むなしさ、緊迫感など、
何か色々なものを背負っている感じがします。

思わずしろくま院長は1人、車の中で口ずさんでいました。

どこへ帰るの〜 海鳥たちよ〜

森昌子さんの唄 ”哀しみ本線 日本海”です。
冬の日本海を見ると唄いたくなります。そのあと 知らない間に 
吉幾三さんの唄”雪國 ”を唄っていました。

♪好きよ〜 あなた〜♪ (今でも〜 今でも〜♪)

あっ失礼しました。スナックではありませんでした。
Youtubeの収録でした。

話は戻して 加賀の名物饅頭で にゃあにゃあ饅頭というのがあります。
こしあんが入っている あっさりとした味わいで美味しい饅頭です。

加賀の方言で娘のことを”にゃあ”というらしく娘娘饅頭と書いて にゃあにゃあ饅頭と読みます。

地元の人に聞けばよかったのですが、
ではゲゲゲの鬼太郎に出てくる猫娘は 猫ニャア と言うのでしょうか?
また 兄のことを”あんか”と言うらしいです。
地元の人にきけばよかったのですが、
では電気屋のお兄ちゃんは 電気あんか と言うのでしょうか?

路面が凍結していて 足をとられ 転びそうになるほど寒かったのですが、方言は良いですね。
「電気あんか」だけに、気持ちがあたかかくなります。

では、そろそろしろくま院長のつぶやきの時間です。

今日のつぶやきは

「七転び八起き。でも七回も転ばないようにしないと」

起き上がり小法師のように転んでも何度も起き上がるのは確かに大事ですね。
でも、1,2回ならまだしも、7回も転びたくないですよね〜。

箱根駅伝で総合優勝した早稲田大学の6区の選手も足を滑らせ転んでいましたね。
しかも転んだにもかかわらず 20人中区間2位の記録でチームを1位にし、
次の区間にたすきを渡しました。素晴らしい走りでした。
思わず福袋をプレゼントしたくなる程の気持ちの強さを感じました。

でも転んだのが1回で良かったですよね。
もし7回も1つのレースで転んでいたら大変でしたね。

七転び八起きではなく、七転八倒の苦しみだったでしょう。
周りから敗戦の戦犯のように扱われて、箱根の山の風は冷たいどころか、
世間の風は冷たいと感じたはずです。

ではもう一度つぶやきます。
 
「七転び八起き。でも七回も転ばないようにしないと」

本日のつぶやきはいかかでしたか?
また次回もしろくま院長はつぶやきます。

本日もしろくま院長のつぶやきにお付き合いいただき、ありがとうございました。
 
グッドバイ!
グッドラック!

しろくま院長のつぶやき第42話

2011年1月14日 リリース


「しろくま院長だ」


みなさん、あけましておめでとうございます。
みなさんの疲れた心をもみほぐすしろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

2011年 最初の放送です。
クリニックの診療は、1月6日より始まっています。
それに合わせて、癒しのつぶやきCD「Dr.Shirokuma's Mental Talk」第4弾も発売されました。

お正月はみなさんいかがお過ごしでしたか?
しろくま院長の今年のお正月は、少しさみしい思いをしました。

田舎の冬の風物詩である凧揚げをお正月休みの間に見ることができませんでした。
羽根つき コマ回しは、かなり以前より見なくなりましたが、
凧揚げまでとうとう見なくなりました。さびしい限りです。
 
しろくま院長の小学生時代は、校庭や田んぼで冬休みの間中、凧を揚げていたものです。

やっこ凧は威風堂々としていて趣きがありました。
そのあと、格好良さでゲイラカイトが流行りました。
工作の授業では、凧を手作りしました。

そこには思い思いの絵や文字を書きます。
同級生のある男の子は、なぜか”物価”という2文字を書いていました。
物価が安いとか高いとか、私たちがよく口にする経済用語です。

その凧が高く上がれば上がるほど、複雑な気持ちになります。
物価がどんどん上がっていくのです。
また、上手に上がらず落ちていく場面では、何か嬉しい気持ちになります。
いったい、その同級生はどんな気持ちで揚げていたのでしょう。
やっぱりどちらにしても複雑な心境です。

最近は空に揚げる凧より、お正月用のディスプレイとして凧は使われますね。
そのうち凧は揚げるものではなく、飾るものとして受け継がれていくのでしょうか。
さみしい気分になります。
そんな気分の時にスタッフから日間賀島に行ったお土産として”揚げた蛸の珍味”をもらいました。
ちょっと救われた気持ちになりました。

では、そろそろしろくま院長のつぶやきの時間です。

今日のつぶやきは受験生にむけたものとしました。
丁度受験の真っ最中ですからね。
今日のつぶやきは

「しろくま院長だ」

実を言うと、『しろくま院長だ』は縁起物の頭文字になります。

しろ・・・・・白蛇(しろへび)
くま・・・・・熊手い・・・・・・伊勢海老
ん〜?
ち・・・・・・茶柱
よ〜!
う・・・・・・打ち出の小槌
だ・・・・・・達磨(だるま)

縁起物を何回もつぶやいたり縁起をかつぐことをすると、
不思議と良いことが起きそうな気がします。不思議と力がわいてきます。
つぶやきのように考えてみれば”しろくま院長”も縁起物かもしれませんね。
先程の”しろくま院長だ”と心の中で何度もつぶやけば良いことが起きそうです。

更に縁起物の門松とは字が違いますが、角松敏生さんの名曲『You're My Only Shinin' Star』を聴きながらつぶやくと良いことがおきそうです。
中山美穂さんが唄いオリコン1位になった曲です。縁起が良いです。曲名通り輝けそうです。
 
ではもう一度つぶやきます。
 
「しろくま院長だ」
 
本日のつぶやきはいかがでしたか?そういえば凧揚げも縁起物ですね。
受験生のみなさんはこの日のために勉強してきたのですから自信をもって受験をして下さい。
この日のために一年間勉強してきたのですから”だるま”のように手も足も出ないことはありません。大丈夫です。

では、グッドラック!

しろくま院長のつぶやき第41話

2010年12月24日 リリース


「S.T.R.E.S.S.ストレスこんな生活がGood!!」



みなさん、ご機嫌いかがですか?
みなさんの疲れた心をもみほぐすしろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。
 
もう少しで、早いもので2011年ですね。今年もいろいろあった年でしたね。

大相撲野球賭博、バンクーバーオリンピック、宮崎県の口蹄疫、中日ドラゴンズ・名古屋グランパスのアベック優勝、チリの鉱山事件、尖閣沖漁船衝突、愛知国際放送(RADIO-i)の閉局、ぜ〜んぶ今年でしたね。
 
みなさん、今年1年はいかがでしたか? 1度ふり返ってみるのも良いですね。

しろくま院長の今年は・・・かつてない激動の1年でした。

初めての本を出版し、愛知国際放送(RADIO-i)でメンタルトークのレギュラー枠をいただいたり、そのコーナーのトークCDを出したり。“しろくま院長の部屋”というホームページを開設したり。
去年の今頃には想像していなかった展開でした。
中日新聞の尾張版にも2回とりあげていただきました。
ありがたい話です。

来年も今年の貴重な体験を生かし、メンタルアドバイザー的な話題をしろくま院長として世の中に少しでも拡げていきたいと思っています。
あっ、なんか年賀状的なあいさつになってしまいました〜。
 
そう言えば、みなさんはもう年賀状を出されましたか?
 
例年この時期になると、しろくま院長は年賀状のネタに悩まされます。
ユーモアがあって、インパクトがあるものを作ろうと、これ以上背は伸びない年齢なのに、つい背伸びをしてしまいます。
例えばどんなものか、平成17年の年賀状をご紹介します。冬のソナタがブームの時のものです。

新年あけましておめでとうございます。
幸い昨年は『中村レンタルクリニック』と間違えられることもなく、
無事1年が過ぎました。昨年の日本は空前の『ヨン様』ブームでした。
私は一宮の『ボヨン様』としてほのぼのこの1年を過ごそうと思っています。
(身体が一回り大きくなり、ぼよ〜んとしてきました。。。。)
本年もどうぞ宜しくお願いたします。

では、そろそろしろくま院長のつぶやきの時間です。

今日のつぶやきは
 
「S.T.R.E.S.S.ストレスこんな生活がGood!!」

前回のつぶやきが『S.T.R.E.S.S.ストレスこんな人は要注意!!』でしたので、
アンサー的に考えてみました。

野口五郎さんのヒット曲『私鉄沿線』のアンサーソングが西島三重子さんのヒット曲『池上線』みたいな関係です。古すぎてわかりづらいですか?2曲ともいい曲でしろくま院長のお気に入りです。

話は戻して『S.T.R.E.S.S.』ストレスの

S Sport        普段から運動を心がけ
T Travel       旅行などで
R Refresh     リフレッシュの
E Expert      達人
S Speak       話すことも好きで
S Softness   柔軟な考えができる人

こういう人は、メンタルクリニックを受診する可能性が低くなるようです。
参考にしてくださいね。
 
では、もう1度つぶやきます。
 
「S.T.R.E.S.S.ストレスこんな生活がGood!!」

本日のつぶやきはいかがでしたか?今年最後となりました。また来年もしろくま院長はつぶやきます。 本日もしろくま院長のつぶやきにおつきあい頂きありがとうございました。
グッドバイ、グッドラック!

では、みなさんよいお年を。

| 1/1PAGES |