しろくま院長のつぶやき第55話

2011年12月1日 リリース


みなさんご機嫌いかがでしたか。
みなさんの疲れた心をもみほぐす、しろくま院長のメンタルトークの時間が
やってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

もう12月ですね。12月といえば忘年会シーズンですね。
お酒が入るので、みなさんも12月はいつもよりタクシーを利用される回数が
多いのではないのでしょうか?

多分しろくま院長もそうなります。実を言うと、しろくま院長は名古屋でタクシーを拾うときは、
少々こだわってタクシーを選び乗車します。
“えっどんな風に”って?
本来あまりタクシーとして使用されていない車種を選んでいます。
ほとんどのタクシーがトヨタコンフォート、日産クルーです。
そんな中で違う車種のタクシーを見ると嬉しくなります。
プリウス クラウン マジェスタ セルシオ を時折見かけます。

ある日、タクシーに乗車するためにいつものようにさりげなくタクシーを捜していました。

“さりげなく”が大事です。あからさまに捜しているとお目当てではないタクシーが停まって
しまいます。10数台見送って、やっと白のクラウンの個人タクシーを見つけました。

しろくま院長は思わず勢いよく手を上げタクシーを停めようとしました。
しかし、タクシーは私に気がつかず通りすぎてしまいました。
ゆっくり走っていて空車だったのに、通りすぎてしまいました。

ひょっとしたら手を勢いよく上げすぎて答えがわかって先生にあててほしい生徒に
見えたのかもしれません。路上なのに・・・。それも大人なのに・・・。

はたまた、手を勢いよくあげすぎたので選手宣誓に見えたのかもしれません。
路上なのに・・・。背広姿なのに・・・。

そんな考えをして、心が折れかかっているしろくま院長の前にゆっくり黒のクラウンの
個人タクシーが停車しました。運転手さんがドアをあけ声をかけてくれます。

“お客さん、今、手を上げてみえませんでしたか?”
良かった!生徒にも、選手にも見えなかったんだ〜、と思いながら

“はい”と答えタクシーに乗ろうと思った瞬間にびっくりしたことがありました。

なんとタクシーの横に「哲タクシー」と書いてあります。
しろくま院長の名前“哲也”の哲と同じ「哲タクシー」と書いてあります。
ゆっくりと、停まったタクシーの横に「哲タクシー」。
頭の中で中森明菜さんの歌がよぎりました。♪出会いは〜 スローモーション〜。
すごく縁を感じました。

ではそろそろしろくま院長のつぶやきの時間です。
今日のつぶやきは院長の大事にしているもの五十音の“あ行”に平仮名の“ん”をつけて

「あん(案)いん(因)うん(運)えん(縁)おん(恩)」

「案」 いろんなアイディア
「因」 事の起こる原因 繋がり
「運」 巡り合わせ 幸運
「縁」 引き合わせ 因縁 縁起
「恩」 他の人から与えられた恵み

私と哲タクシーさんの出会いも「運」「縁」ですね。
信頼できるドライバーなのでクリニックの女性スタッフを自宅迄送ってもらうのも安心です。

11月にはブータン国王夫妻が来日され、放射能汚染被害の福島の小学校を訪問しました。
握手をしてもらった小学生の男の子の発言
「国王の手は温かかった」をニュースで伝えていました。
これも何かの因縁、巡り合わせ、つながりだと思います。
また被災直後に約8000万円の義援金もブータンから送られ
今回被災地を慰問された「恩」も忘れてはいけないと思います。

ではもう一度つぶやきます。

「あん(案)いん(因)うん(運)えん(縁)おん(恩)」

本日のつぶやきはいかがでしたか?
また次回もしろくま院長はつぶやきます。
本日もしろくま院長のつぶやきにおつきあいいただきありがとうございました。
グッドバイ、グッドラック。


しろくま院長のつぶやき第54話

2011年11月11日 リリース


みなさんご機嫌いかがでしたか?
みなさんの疲れた心をもみほぐす、
しろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。

しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

先日、土曜日の午後外来が終わってから車を飛ばして鳥取まで行ってきました。
夜の7時に一宮を出て夜中の12時ぐらいに鳥取市につきました。
途中、食事休憩もして5時間ぐらいで到着です。意外と早く到着です。
名神高速道路、中国自動車道を経て佐用ICで降り、そのあとは一般道を使います。
さようですか〜 う、うん。
 
一般道に入ると街灯も少なく薄暗い道路となります。
少し雨は降ってきましたが、見通しは悪くありません。
快調に走っていると突然右前方から何やら近づいてきます。
人かと思い左にハンドルを切りながら減速するとなんと大きな鹿でした。
人ではなく鹿でした。
ドアミラーでシカと見届けましたから間違いありません。

鹿といえば奈良。しかし、ここは佐用です。
佐用です奈良というと オフコースの唄「さようなら」が思い浮かびました。
ううん・・・。
危うくぶつかりそうでした。
もしぶつかったとしたら・・・。
考えただけでも鹿ですがゾウ〜(象)とします。
もしぶつかったら然るべき処置をしないといけません。
動物愛護団体から“おしかり”を受けます。
きちんとしかばね(屍)を処理しなければいけませんね。
すいません・・・今日はシカでボケまくって、リスナーの方にやっぱり叱られそうです。

では、そろそろしろくま院長のつぶやきの時間です。

今日のつぶやきは

「上手なしか(叱)り方」
 
最近世の中の人をみていると、しかり方は下手になっている気がします。
ただ単純に怒っているだけにみえます。
”怒る”と”叱る”は微妙にちがうと思っています。
国語辞典の中ではほとんど一緒ですが・・・。

叱るには、相手に対してより良くしようとするアドバイス的な意味や
自分の都合でしているのではない気がします。
そういう点で考えると、“上手な叱り方”にはいくつかの注意が必要です。
 
まず感情的にならない。
そして、くどくど言わないのがポイントになります。
くどくどいつまでも叱り続けると、むしろ逆効果です。
それこそ怒られた印象だけが残ってしまいます。
感情的になれば、自分の都合で怒っていると思われてしまいますね。

叱られている人にとって叱ってもらってありがたいとは到底思えません。
以上の点に注意して叱ってみて下さい。

ではもう一度つぶやきます。
 
「上手なしか(叱)り方」
 
本日のつぶやきはいかがでしたか?
シカの話から叱るの話になりましたね。
しろくま院長が好きそうな流れです。

本日もしろくま院長のつぶやきにおつきあいいただきありがとうございました。

また次回もしろくま院長はつぶやきます。

グッドバイ! グッドラック!

しろくま院長のつぶやき第53話

2011年10月28日 リリース


みなさんご機嫌いかがでしたか?
みなさんの疲れた心をもみほぐす、
しろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

iPhone 4S が発売されましたね。
すごい人気で発売初日は行列ができたほどです。

それにしても電話の進化はすごいですね。
しろくま院長の小さい頃はまだ電話機のあるお宅は少なく、
電話機のあるお宅にいき、かけさせてもらっていました。

そのうち徐々に普及しはじめ、どの家庭にも一台あるようになりました。
つい20年前迄はまだ黒電話を使っていたご家庭もありました。

若い人は知らないかもしれませんね〜、黒電話を。
今のようなプッシュ式ではなく、ダイヤルを回すタイプです。
あっ そう言えば、TVの”サザエさん”にはまだ黒電話が出てきます。
磯野家の廊下にあります。ちなみに、マスオさんの会社の電話は業務用のプッシュ式です。

ダイヤル式の黒電話からプッシュ式になり、そのあと親機、子機のスタイルになりました。
親機一台のときは、異性の友達から電話がかかってくると、
みんな電話機のコードを一杯にひっぱって体を小さく丸めて座り、
親にきこえないように話をしていました。
まるで犯罪者のようです。

今となっては1人1台の携帯電話なので、誰からかかっているのか、
誰にかけているのかは、全くわからない状態です。

電話機にもいろいろ機能がつき、iPhone 4はまさに、
いろいろな機能の中にTEL機能がついているかんじですね。
機械の苦手な方はノイローゼになりそうです。
甲斐バンドの歌 ”テレフォン ノイローゼ”になりそうです。

ではそろそろしろくま院長のつぶやきの時間です。

今日のつぶやきは

「ノイローゼ4(心の病になりやすい4つの条件)」

心の病気になるときに次の4つの条件が揃っていることが多いです。

まず“過労”があります。オーバーワーク、
忙しすぎて自分の時間がもてないとかでお疲れの状態が続くと危険です。
 
次の条件は“孤独”です。
職場、学校、家庭の中で孤立しているように感じたり、
友人もおらず孤独を痛感するのも危険です。

“不安”もきっかけになります。
将来の不安、経済的な不安、色々不安をいだき続けるのも心によくありません。
“不眠”も続くと幻覚、妄想状態になったり、イライラ感が顕著になります。

過労、孤独、不安、不眠の4つです。
覚え方として 過労の“カ” 孤独の“コ” 不安の“フ” 不眠の“フ”
頭文字をとって “カコフ2 (かこふつー)”です。

時に、いろいろ過去にトラブルがあったり、辛い思いをしたことのある過去普通でない人が、
カコフ2(かこふつー)になった時は要注意です。
う〜ん言葉にするとややこしい〜〜

ではもう一度つぶやきます。

「ノイローゼ4 心の病になりやすい4つの条件 カコフ2」
 
本日のつぶやきはいかがでしたか?

次回もしろくま院長はつぶやきます。
本日もしろくま院長のつぶやきにおつきあいいただきありがとうございました。

グッドバイ! グッドラック!

しろくま院長のつぶやき第52話

2011年9月9日 リリース


「ひょっとしたら 意外〜と 小さな悩みかも」



みなさんご機嫌いかがでしたか?
みなさんの疲れた心をもみほぐす、
しろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

先日思いたって鹿児島に行ってきました。

人生初の鹿児島です。
名古屋から博多迄のぞみで約3時間半。
博多で九州新幹線に乗り換えて約1時間15分で鹿児島中央駅に到着です。
5時間かからず鹿児島です。便利ですね〜

みなさんは鹿児島と言えば何を連想されますか?
やっぱり桜島ですか?しろくま院長も桜島ですね。
桜島は富士山とは違った意味で存在感がありました。
私が見ただけでも1泊2日の滞在中に4回も小さな噴火があり、
灰色の噴煙をあげていました。

地元のタクシードライバーにきくと、
今年になって600回近く噴煙をあげているとのことです。
まさしく、以前のしろくま院長のつぶやきのフレーズ ”大爆発を防ぐ小爆発”ですね。

あと、この時期になると鹿児島には街中に白くまが出没します。
そうです。白くまです。有名なかき氷”白くま”です。
かき氷の上に練乳をかけて果物を盛り付け、その上にあんをのせます。
上から見たら白くまに見えるところから、白くまとネーミングされました。

しろくま院長としてはやはり、おさえておかなければいけません。
共喰いと言われようが、食べるべきです。
大丈夫です。鹿児島では私がしろくま院長とは誰も知りません。
どちらかと言えば、先程食べた鹿児島名物の黒豚料理の方が共喰いです。
し、し、失礼な!!

では、そろそろ、しろくま院長のつぶやきの時間です。

今日のつぶやきは

「ひょっとしたら 意外〜と 小さな悩みかも」

みなさんに桜島以外に知っておいてほしい場所が鹿児島にはあります。
鹿児島市より更に南にある南九州市の知覧町です。
知るの”し(知)”と閲覧の”覧”で知覧です。

みなさん、知ってましたか?そんな所、ちらん(知らん)とは言わないでくださいね。

知覧は大東亜戦争(太平洋戦争)末期の沖縄戦で、特攻隊出陣地として有名でした。
1036名の特攻隊員の遺影や遺書、手紙などが展示してある知覧特攻平和会館があります。
ぜひ一度行ってほしいところです。
 
愛する日本、愛する人たちを守るために散っていた人たちがたくさんいました。
新婚1カ月半の妻と一緒に出撃した人もいました。
今の日本では考えられないことが、日常的におこっていました。
平和のありがたさをつくづく感じます。

若いときにみた映画”連合艦隊”を思い出しました。
その中で流れていた谷村新司さんの名曲”群青”をみなさんにきいてほしいです。
いろいろ考えさせられます。

桜島は雄大で鹿児島のシンボルです。
しかし、地元の人たちにとっては、火山灰に悩まされる日々。
いつ大きな噴火が起きるかもしれない不安、恐怖とともに毎日の生活をしています。

旅に出てみると、壮大な景色、自然に出会います。
旅に出てみると、自分の悩んでいることが小さく見えることがあります。

では、もう1度つぶやきます。

「ひょっとしたら 意外〜と 小さな悩みかも」
 
本日のつぶやきはいかがじゃったか?
また次回もおいどんはつぶやくでごわす。
本日もおいどんのつぶやきにお付き合い頂きあいがとごわした。
グッドバイ! グッドラック!

しろくま院長のつぶやき第51話

2011年8月12日 リリース


「身体にもスタミナを 心にもスタミナを」


みなさんご機嫌いかがでしたか?
みなさんの疲れた心をもみほぐす、しろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

夏ですね〜。暑い日が続いていますね。
これだけ暑いと、スタミナをつけないとバテてしまいますね。
みなさんは、どんなものを食べてスタミナをつけていますか?

この時期だとうなぎですか?
それとも焼肉?それとも〜激辛な食べ物ですか?

しろくま院長は、ニンニクのたっぷり入った焼きギョウザと
冷え冷えのビールのセットが一番のスタミナ源となります。
ちょっと翌日臭うかもしれませんが……。

マスクをして診察をしている時は、カゼをひいて鼻水が出ているときか、
前日ニンニクを食べて臭いが出ているときかもしれませんね。

では、今日はいつもより早めにしろくま院長のつぶやきの時間です。

今日のつぶやきは
 
「身体にもスタミナを 心にもスタミナを」

身体のスタミナは、先程お話をしたお肉や、ニンニクなどでつけられそうです。

ニンニクで思い出しましたが、保育園の年長さんのときに、
しろくま院長は母親にお使いを頼まれ、ニンニクを買いにいきました。

途中、ニンニクという言葉を忘れ、ギョウザの中に入れるニクしか思い出せません。
野菜のコーナーに行かず、そのために肉屋さんのコーナーに行ってしまいました。
お肉屋さんのショーケースには色々な肉が並んでいます。
ますますわからなくなりました。もうパニックで半ベソです。
そんな僕をみつけて肉屋さんのおじさんが、「坊や何がほしいの?」と
絶妙のタイミングで聞いてきいてくれました。

「ギョウザに入れるニクを買いにきたの」と答えたところ、
おじさんが、「何g?」とまた聞いてきます。「何g?」……またパニックです。
母親には100gとかは、言われていません。
小さめのものを1個と言われています。また半ベソです。
ショーウィンドウ越しにいたおじさんが、近づいてきてくれ、
優しく話しかけられてやっとの思いで私は
「ギョウザに入れると元気が出ておいしくなるけど、くさくなるもの」
と説明することができました。

するとおじさんは、笑いながら手をとり、野菜コーナーに連れていってくれました。
そこでおじさんの言った一言が、「坊や、ニンニクはニクだけど、肉屋には売ってないよ。
でもこうやって1人で買いに来てえらかったね。間違えたことは恥じゃないよ、大丈夫だよ」でした。

ニンニクを食べて身体にスタミナ。

ニンニクで恥ずかしい思いをしたことが心にスタミナをつけた気がします。

ではもう1度つぶやきます。

「身体にもスタミナを 心にもスタミナを」

本日のつぶやきはいかがでしたか?

お肉屋のおじさんの絶妙なタイミングとスタミナの話でしたね。
BLACK BISCUITSの大ヒットした歌のようです。
「タイミング〜Timing”」 「スタミナ」ビビアン・スーさんが懐かしいです。

本日もしろくま院長のつぶやきにお付き合い頂きありがとうございました。

グッドバイ! グッドラック!

| 1/1PAGES |