しろくま院長のつぶやき第5話

2010年2月14日 リリース


「チョコっとの工夫」


みなさん、こんばんは。

みなさんの疲れた心をもみほぐすしろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

2月14日はバレンタインデーでしたね。みなさん今年はいかがでしたか?
2010年の今年は日曜日なので義理チョコの出回る率が少なかったのではないでしょうか?

近年は義理チョコにかわり、友チョコが多くなっているようです。
女友達にかわいらしいチョコレート、珍しいチョコレート、手作りチョコレートなどをプレゼントするのが流行っていて、男性にはチョコレートが回るのが少なくなっているようです。
我々男性からすると寂しいかもしれません。

何を隠そう、しろくま院長もチョコレートには目がありません。凝ったチョコレートも良いのですが、シンプルなミルクチョコレートが大好きです。
特におやつタイムで食べるチョコよりショットバーで静かにカクテルを飲んでいる時に食べるチョコは最高です。カクテルグラスの横にほんの少し無造作に置かれているチョコの姿はけなげです。
まるで、カクテルグラスという大人に寄り添っている子供のようです。カクテルとチョコの組み合わせは、大人の心と童心の2つを味わえます。

私たちの世代には懐かしい、アーモンドグリコのキャッチフレーズ「1粒で2度おいしい」の世界です。素晴らしいです。チョコに乾杯したい気分です。

あっ!すみません。チョコで熱くなりすぎました。

では、そろそろしろくま院長のつぶやきの時間です。
今日のつぶやきは

「チョコっとの工夫」

バレンタインデーなのでチョコにかけたつぶやきとしました。
よく考えてみるといつもいつも同じパターンでつまずいていませんか?

「チョコっと」工夫するだけでうまくいくこともあります。
「チョコっと」工夫するだけでかなりかわることもあります。

ほんのすこし、ちょこっとでいいのです。 バレンタインデーのチョコもちょこっともらえる位が心に残ります。すみません。これは負け惜しみかもしれません・・・。
 チョコもちょこっと食べる位が、美味しいです。そうすると1種類だけではなく何種類も食べることができます。お店にもこの時期にはびっくりする程の種類のチョコが並びます。

どれも美味しいです。 チョコもいろいろです。人生もいろいろです。

と島倉チョコさんも唄ってましたね。
あっ!わざとらしく間違えましたね、島倉千代子さんでした。
では、もう一度つぶやきます。

「チョコっとの工夫」
 
本日のつぶやきはいかがでしたか?
また来週もしろくま院長はつぶやきます。

おやすみ前の憩いのひととき今週もしろくま院長のつぶやきにおつきあいいただき、ありがとうございました。

グッドナイト、グッドラック!!


しろくま院長のつぶやき第4話

2010年2月7日 リリース


「誰にだって『ゆとり』は必要」


みなさん、こんばんは。

みなさんの疲れた心をもみほぐす
しろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

今年の冬は、暖冬の予想に反して寒いですね。寒い時には街角のコーヒーの自動販売機は、助かりますね。みなさんは自動販売機で不思議な体験をしたことはありませんか?

たぶん一度くらいは押した商品と違う商品が出てきたことはありますよね。
「しまったぁ〜。押し間違えた!」と思って、もう一度、今度は慎重に押し間違えないように押したらまた同じ商品が・・・。
つまり、押し間違えではなく、店の人の入れ間違えだったり、ということもありますね。

しろくま院長は、ちょっと笑える不思議な体験をしたことがあります。

コーヒーを買ったら、めったに当たらない当たりのマークランプがつきました。

嬉しくて友人と何を押そうか迷っていたら、マークランプが突然消えて権利が失われました。
これはさみしかったです。スピーディーな決断力の必要性を学びました!!!
 
あと、中1の時のことですが、ジュースを買うためにいつものように自動販売機のボタンを押したら、1本出た後に、1本また1本と延々と出続けるのです。2〜3本なら人間というものはラッキーという心理が働きますが、12〜13本出続けると、自分が何か悪いことをしたような気になります。ただ普通にお金を入れ、普通にほしい商品のボタンを押しただけなのに・・・。何ら手順的には間違ってはいません。学校で習ったことはありませんが、絶対に間違っていません。

意を決して、お店の人に通報しました。店のおじさんも信じられない顔をしていましたが、「ありがとう」とお礼を言われ、余分に2本いただきました。正直な行いが報われたような気がして、嬉しくて家まで走って帰った覚えがあります。

まるで、ちびまる子ちゃんの主題歌「走れ、正直者」のようでした。
 
では、そろそろ しろくま院長のつぶやきの時間です。
 4回目のつぶやきになります。
今日のつぶやきは
 
「誰にだって『ゆとり』は必要」
 
院長はゆとりの ゆ・と・り に意味合いをいつもつけています。

ゆとりの「ゆ」は ゆっくり
ゆとりの「と」は とろとろとゆ
とりの「り」は 力まずに

こんな時代だからこそ

「ゆっくり とろとろと 力まずに」 

自分のペースでやることも必要ではないでしょうか。
しろくま院長は「ゆとり」を持ちすぎて、こぶとり(小太り)に・・・。
それこそ、20年後に「小太りじいさん」にならないように注意していきたいです。
あっ!字が違いますね〜。
適度な「ゆとり」がいいですよね。

では、もう一度つぶやきます。

「誰にだって『ゆとり』は必要」
 
本日のつぶやきはいかがでしたか?

また来週も、しろくま院長はつぶやきます。
おやすみ前の憩いのひとときしろくま院長のつぶやきにおつきあいいただき、ありがとうございました。
 
グッドナイト、グッドラック!!

しろくま院長のつぶやき第3話

2010年1月31日 リリース


「ひらめき」「ときめき」「きらめき」


みなさん、こんばんは。

みなさんの疲れた心をもみほぐすしろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

「あけましておめでとう」とあいさつしていたのに、早いものでもう今年も1か月たちましたね。
みなさん、初詣は行かれましたか?

 しろくま院長は、毎年、地元の神社と岐阜県神戸町にある日吉神社に初詣に行っています。今年も大雪の中、スタッドレスタイヤをはいてはるばる行ってまいりました。
大雪のせいか、例年に比べると参拝客もまばらで、願い事のかなう順番が早く来そうな予感がしました。

えっ? 何をお願いしたかって?

もちろんこの番組と1月に出した本「しろくま院長の笑いの処方箋 やせ願望もやせ我慢もほどほどに」のヒット祈願です。 おさい銭は105円にしてきました。不謹慎かもしれませんが、消費税が導入されて以来、勝手に「気は心」ということで、私のおさい銭にも消費税分をプラスαしています。

現在は105円ですが、以前は103円でした。若い人たちはひょっとして3%の消費税の時代は知らないかもしれませんね。
私たち以上の年代の方は、「そんな時代もあったね。」と、まるで中島みゆきさんの「時代」の歌詞のようですが懐かしいです。
 
では、そろそろ しろくま院長のつぶやきの時間です。
3回目のつぶやきになりますね。
今日のつぶやきは

「ひらめき」「ときめき」「きらめき」

この3つはとても大切です。

ひらめきは 頭の回転
ときめきは 感動する心
きらめきは 輝き、その人の輝きです

もしこの3つがなくなったら 要注意です。つまり、頭の回転が鈍くなり、感動する心がなくなり、輝きを失いはじめたら、 休養やリフレッシュが必要なサインかもしれませんよ。
休みをとって、好きなことをされるのはいかがでしょうか?
もう一度つぶやきます

「ひらめき」「ときめき」「きらめき」

そういえば、最近、しろくま院長の頭がきらめいてきました!?
野口五郎さんの隠れた名曲「きらめき」が好きだったせいでしょうか?いいえ、髪の濃い薄いに、野口五郎さんの歌は、たぶん関係ないですね・・・。
 
本日のつぶやきはいかがでしたか?
また来週も、しろくま院長はつぶやきます。
おやすみ前の憩いのひとときしろくま院長のつぶやきにおつきあいいただき、ありがとうございました。

グッドナイト、グッドラック!!


しろくま院長のつぶやき第2話

2010年1月24日 リリース


「焦りは禁物」

みなさん、こんばんは。

先週から始まりました、みなさまの疲れた心をもみほぐすしろくま院長のメンタル・トークの
時間がやってまいりました。
しろくま院長こと、中村メンタルクリニック院長、中村哲也です。

前回の放送が記念すべき1回目でした。

しろくま院長がみなさまの疲れた心をほどよくもみほぐすために、
このコーナーが始まりました。

毎週、「院長のつぶやき」として紹介いたします。

元々、このつぶやきは診察場面では伝えきれなかった事、患者さんの頭の片隅にとどめておいてほしい事、生活していく上でちょっと楽になる秘訣を待合室の壁に院長直筆で紙に書き、貼り出したことがきっかけです。

これでも昔は書道を習っており、小6の時は5段でした。今は見るも無残に5段の面影はありません。

ちなみに、Gメン75のテーマ音楽「面影」は大好きでした。

先週のつぶやきは「ささやかな目標」でした。

その時、「院長の目標は内緒です」とお伝えしましたが、実を言うと、本を出すことが目標でした。念願かなって、ついに今年、2010年の1月下旬に出版されることとなりました。

あっ!すみません!宣伝みたいで・・・

題名は『しろくま院長の笑いの処方箋 やせ願望もやせ我慢もホドホドに』です。

ありがとうございます。

では、2回目の院長のつぶやきを発表します。

「焦りは禁物」

焦りの「あ」は あんまり (名古屋弁です 標準語ではあまりといいます)
焦りの「せ」は せっかち だと
焦りの「り」は リタイア ということになります

せっかくよくなったのに、焦って頑張るとまた悪化します。
焦って慌てていると、結局良いことがありません。
心の健康には「あせり」は不必要です。
体の健康には「パセリ」は必要です。
でもみなさん食べないですよね、パセリ・・・。

では、もう一度つぶやきます。

「焦りは禁物」

本日のつぶやきはいかがでしたか?

また来週も、しろくま院長はつぶやきます。

おやすみ前の憩いのひととき、 
しろくま院長のつぶやきにおつきあいいただき、ありがとうございました。

グッドナイト、グッドラック!!


しろくま院長のつぶやき第1話

2010年1月17日 リリース


「ささやかな目標」

みなさん、こんばんは。

今日から始まる新コーナー、みなさまの疲れた心をもみほぐすしろくま院長のメンタルトークの時間がやってまいりました。

まずは自己紹介をさせていただきます。
一宮市にある中村メンタルクリニックの院長、中村哲也です。精神科医です。
巷では「しろくま院長」と呼ばれています。
どうして「しろくま院長」かというと、中村メンタルクリニックのロゴマークが、「白くま」なのです。のーんびり、ゆーったりと、白くまが横になっている、休んでいる姿をイメージしてあります。

開院当初から10年以上使用しています。診察券にも看板にも。
ひょっとしたら一宮に縁のある方は見られたかもしれませんね。

ではどうして「しろくま」かというと、私のイメージが、肌が白くて体が大きいからです。
 47歳で胸囲が110cmあります。この年齢でこの胸囲は驚異の世界です。
自分ではお腹以外は筋肉質だと思っています。
マッサージを受ける時に小柄な女性と同一料金は申し訳なく思います。
小柄な女性に施してもらうのは罪の意識を感じるほどです。

そんなに体が大きい?誤解されると困りますので世間でいう「おデブ」を売りにしている何人かのおデブタレントさんたちに比べれば小さいと思いますが、47歳の日本人としては大きいです。

 ちなみにプライベートではこの体型で得したことはないです。
あっ! ありました!ケンカを売られたことはないです。体は大きいですが特典としては小さいです。
しかし、仕事上ではこの雰囲気は得をしました。
若手ドクターでもベテランドクターと間違えられ、患者さんに感謝されました。
29歳の時に42歳と思われていました。神経質そうに見えなくて安心感があると。
A 型の乙女座なのに・・・。

こんな私、しろくま院長がみなさまの疲れた心をほどよくもみほぐすためにこのコーナーがはじまりました。

毎週、「院長のつぶやき」としてご紹介いたします。
元々、このつぶやきは、診察場面では伝えきれなかった事、患者さんの頭の片隅にとどめておいてほしい事、生活していく上でちょっと楽になる秘訣を待合室の壁に院長直筆で紙に書き、貼り出したことがきっかけです。
これでも昔は書道を習っており小6の時は5段でした。
今の字は冗談のような字になっていますが・・・。
では、1回目の院長のつぶやきを発表します。

「ささやかな目標」

人はちょっとした目標があることにより、生活に「はり」「面白み」ができます。
目標を達成しようと努力します。
そのことが大切、大事だと思います。(そういえば、昔、大事マンブラザーズという歌手がいましたね) 今年の目標、今月の目標、今週の目標をたててみるのはいかがでしょう?
院長にも目標があります。

体はささやかではございませんが、ささやかな目標が・・・。
今日のところは初めてなので内緒にしておきます。次回お知らせします。
では、もう一度つぶやきます。

 「ささやかな目標」
 
記念すべき第1回目のつぶやきはいかがでしたか?

また来週も、しろくま院長はつぶやきます。

おやすみ前の憩いのひととき、
しろくま院長のつぶやきにおつきあいいただき、ありがとうございました。

グッドナイト、グッドラック!!


| 1/1PAGES |